ぎっくり腰

ぎっくり腰とは??

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは急に腰に痛みが出る総称なので、痛みの出る場所は様々です。
重たいものを持った拍子にぎっくり腰が起こる場合も多いですが、特に何か負担が大きくかかることをした訳ではなく、ちょっとした動作でぎっくり腰になる場合も多いです。

例えば顔を洗おうと前かがみになった時であったり、くしゃみをした時など、こういったちょっとした動作でぎっくり腰になる場合もあります。

ぎっくり腰は重たいものを持ったときやちょっとした動作で痛みが走り、ひどい場合には動けなくなってしまう場合もあります。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は筋肉に原因があります。
筋肉は常に体のバランスを取るために働いています。
立っている姿勢を維持したり、座っている体勢を維持したりと、無意識に筋肉は働き続けています。

知らず知らずのうちに働き続けている筋肉に負担が溜まると、筋肉が硬くなり血流が悪くなってきます。
血流が悪くなると筋肉に必要な酸素が不足して、力を抜くことができなくなり、さらに筋肉が硬くなり血流が悪くなるという悪循環になってしまいます。

そういった筋肉が硬くなりすぎた状態で、重たいもの物を持ったり、何気ない動作(くしゃみや顔を洗おうと前屈みになったときなど)をした時に、強い緊張を起こしてしまい、腰を痛めてしまいます。

これがぎっくり腰の原因です。

美翔接骨院ではぎっくり腰の原因を突き止め、根本的に施術を行っていきます。

ぎっくり腰の施術

ハイボルト

ぎっくり腰の検査

ぎっくり腰は腰に関係する様々な筋肉が原因で起こります。
いつも決まった筋肉が原因とならないので、まずはどの筋肉が悪いのかを解明しなければなりません。
郡山市の美翔接骨院のハイボルトでは、病院や整形外科でのレントゲンやMRIに映らない、筋肉・骨格・末梢神経の状態を検査することが出来ます。
筋肉の悪い部分を探し出すことができるので、ピンポイントで原因の筋肉にアプローチすることができます。
ハイボルトでは150Vの電気刺激を体の奥深い部分にピンポイントでアプローチすることで、非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。

トリガーポイント整体

ぎっくり腰の検査

負担をかけて痛めてしまった筋肉を手でしっかり施術していきます。
トリガーポイントと呼ばれる筋肉の深い所にあるしこりを取り去り、痛みを芯から取り去ります。