膝痛

ひざ痛の悩み

膝痛の主な原因

ひざ痛の原因

膝痛の原因

ひざ痛

膝の痛みの原因は、加齢や体重の増加、激しい運動等と言われます。

しかし、果たして本当に原因はそれだけでしょうか?高齢者でも太っている人でも、激しい運動をする人でも、膝の痛みがない人もいます。

膝の痛みの原因は、年齢や体重、激しい運動だけではなく、膝の使い方により起こります。郡山市の美翔接骨院では、膝の痛みの多くの原因は、骨格のゆがみと股関節や足首の動きにあると考えています。

股関節、足首の関節は人間の体の関節の中でも、色々な方向に動かすことができる関節であり、体重を支えるのに重要な関節です。
一方、膝は曲げるか、伸ばすかという単純な関節で、体重を支えられるほど強い筋肉でもありません。

膝が痛い人は、股関節、足首の関節を十分に動かすことが出来ていないことが多く、その結果、膝に負担がかかります。
そうすることで、軟骨がすり減ったり、周囲の筋肉に負担をかけ痛みが出たり、水がたまったり、変形したりしてしまいます。

また、股関節や足首の関節の動きが悪くなる原因として、骨盤のゆがみがあげられます。
骨盤がゆがんでいると股関節や足首の関節の動きを制限してしまいます。

膝痛の施術

ハイボルト

膝痛

まずは膝の炎症を抑え、膝の痛みをとる治療をしていかねばなりません。
ハイボルトは膝の炎症を止めることができる最新の電気治療器です。
必要に応じて、より深部の患部局所にピンポイントで施術することで、いち早く痛みを取り除きます。

骨盤矯正 × トリガーポイント整体

骨盤矯正

骨盤や背骨の歪みを矯正することで、膝の関節に負担がかからないようにしていきます。
負担が減るので膝に痛みの出にくい体になりますので、根本的に痛みの原因が解決されます。
また、骨格が歪んでいると、筋肉は骨にくっついているので、周辺の筋肉は固くなっています。固くなった筋肉はトリガーポイントと呼ばれる筋肉のしこりになります。このトリガーポイントという筋肉のしこりを取り除くことで血流が改善され痛みを取っていきます。