産後骨盤矯正産後の悩み

産後骨盤矯正にも対応しています

郡山市の美翔接骨院には多くのママさんに産後の骨盤矯正でご来院いただいています。
出産後の骨盤は歪みやズレ、開いていることが多くいです。育児に追われて放置しがちですが、そのまま放置していると腰痛や股関節痛など、様々な不調の原因になってしまいます。
また、ポッコリお腹、くびれがなくなる、産後痩せにくくなった、出産前のスカートやズボンが履けなくなったなど、スタイル面でのお悩みにも繋がってしまいます。

産後骨盤矯正は、出産後2~6カ月で施術を開始するのをおすすめしています。産後のやわらかい状態の骨盤は矯正しやすく、その後の育児を快適にできるように準備するためにも、早めに施術することが大切です。産後6カ月以上経過していても産後骨盤矯正は可能ですので、ご希望の方はお気軽にお問い合せ下さい。

産後の骨盤は歪んでいる!?

妊娠中、出産に向けてリラキシンというホルモンが分泌されます。
これは妊娠3ヶ月~産後2・3日に分泌されるホルモンで、骨盤を緩めて産道を広げ、出産を助けてくれる大切なホルモンです。
骨盤周辺全体的に関節・筋肉・腱が緩んでしまうため、普段よりも身体に負担がかかりやすくなってしまった上に、お腹が重たくなる影響で骨盤が歪んだり、産後も骨盤の開きや歪みが残ってしまったりします。
これが原因で腰痛になったり、お尻が大きくなる・垂れる・下半身太りなどの悪影響が生じてきます。
つまり 緩む → 歪む → 痛み という順番で身体は変化していきます。

歪んだままだとどうなるの?

※骨盤周りに余分なお肉が付きやすくなります。
※出産を重ねるごとにズボンが1サイズ上がります。
※骨盤が不安定なので、腰痛や肩こりなどの症状が強くなります。
※骨盤周辺の痛みなどのトラブルが起こりやすくなります。
※お尻が垂れたままになってしまいます。
※妊娠中についた脂肪がセルライトになっておちにくくなります。

産後の腰痛

妊娠による腰痛の原因

産後の腰痛

妊娠による体の変化は骨盤や腰回りに一番大きな変化を起こします。そして、その体の変化は腰痛も引き起こします。妊婦さんの腰痛の原因は大きく分類すると以下のようになります。

1.妊娠でお腹が大きくなり腰が長期間反りっぱなしになり腰に負担がかかっている
2.妊娠で腹筋が伸びることによりかえって腹筋が利かなくなり腰に負担がかかっている
3.妊娠により骨盤が拡がり骨盤周囲の筋肉に負担がかかっている
4.妊娠によりお腹が大きくなりがに股歩きになって股関節と太ももの筋肉に負担がかかっている
5.妊娠により骨盤内部の筋肉が引き延ばされて負担がかかっている

出産による腰痛の原因

産後の腰痛

出産を経て起こる腰痛もあります。産後の腰痛は主に骨盤の不安定感と産前との授乳や抱っこなど生活様式の変化(赤ちゃん中心の生活)が原因となります。

1.出産時に骨盤が開くことで骨盤周囲の筋肉が引き延ばされ負担がかかっている
2.妊娠時に腰や脚に負担がかかっていたがその回復のないまま赤ちゃんの抱っこなどで負担が重なっている
3.妊娠・出産時には骨盤を締める靭帯が緩んでおりその回復がないままさらに負担がかかっている
4.緩んだ骨盤を支えるために骨盤周囲の筋肉に負担がかかっている
5.赤ちゃんを抱っこしたり降ろしたりの繰り返しにより腰に負担がかかっている

妊娠中・産後の施術方針

産後の腰痛

多くの接骨院・整骨院などで妊娠産後の腰痛の施術は行われていますが、マッサージや電気、湿布などを行われているのではないでしょうか?

美翔接骨院では単なるマッサージなどではなく、それぞれの方の原因を正確に割り出すことを第一に考えてご利用者様にあった施術を提供しています。

なぜ、他の整骨院や整体院とは施術が違うのかというと、それは妊娠産後腰痛は妊娠や出産が要因になってはいるものの、その原因は人によりそれぞれ全く違うからなのです。

上記にあるように大きく分けても、それぞれ5つの原因があります。

さらに、妊娠初期から産褥期まで妊娠期間の約280日から産後の一年以上は、人間の一生のなかでも身体が最も大きく変化する時期であるため同じ腰痛でも皆さん事情や状況が違うことがあるからなのです。

ですから、どの妊婦さんや産後のお母さんにも同じマッサージ・同じ矯正では効果的ではありませんし、悪影響があることもあります。

もちろん妊娠中は胎児への影響がないように、産後は骨盤や腹筋が速やかに回復するようなプログラムとなっております。

また、美翔接骨院では、女性スタッフが常駐しキッズスペースやベビーベッドなどもご用意しており、予約制でもあるので、お子様連れはもちろんお一人でも安心してご利用いただけます。

産後骨盤プログラムの流れ

産後骨盤プログラムの流れ

緩む → 歪む → 痛み といった順番で変化していった身体は、 み → 歪み → 緩み といった逆の順番で改善していくと治ります。美翔接骨院の産後骨盤プログラムでは、産後の骨盤を三段階に分けて矯正していきます。

1.痛みをとる

ハイボルト療法

骨盤矯正の前にまずは痛みを何とかしなければいけません。
痛みがある場所には「ハイボルト療法」といわれる特殊な電気治療機を使って治療します。
高圧電気で痛みの原因となっている深部を治療し、症状を一気に改善することができます。
一般的な低周波の場合は筋肉の表面的な治療になりますが、ハイボルト療法は筋肉の深部を治療できるので即効性があります。

2.歪みをとる

骨盤矯正

専用のベッドを使った本格的な産後の骨盤矯正。
腰や首、胸部のベッドが独立しており、患者様一人一人の体型や症状に合わせて角度や高さを調整して産後の骨盤を矯正していきます。
調整したベッドで骨盤を矯正するので、産後に歪みやすい骨盤や背骨をひとつひとつ丁寧に矯正することができます。

3.骨盤を支える筋肉を鍛える

インナーマッスル

骨盤矯正をしても、緩んでしまった筋肉を鍛えないと、骨盤は元に戻ってしまいます。
骨盤矯正後、良い状態で維持するためには、骨盤を支える筋肉=インナーマッスルの強化が重要です。
通常の運動では鍛えづらいインナーマッスルを『複合高周波EMS』で鍛えていきます。
寝たまま楽にトレーニングすることができます。
一般的なEMSでは「インナーマッスル」まで電気が届きません。
美翔接骨院で使用する複合高周波は「インナーマッスル」まで電気信号が届き、効率的にトレーニングができます。

美翔接骨院は様々なメディアにも掲載されています!

メディア掲載書籍掲載