坐骨神経痛

坐骨神経痛とは??

坐骨神経痛

坐骨神経とは腰椎から脚にかけて走る神経でお尻の筋肉の間から表面に現れ、太ももの後ろを通りふくらはぎの外側に至る神経です。坐骨神経痛とはこの神経に沿った痛みが特徴的な症状ですが、正式な病名ではなく痛みやしびれを主体とした症候を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

この坐骨神経痛には様々な原因があると考えられています。
腰椎の変形からくる神経の圧迫、神経の出口であるお尻の筋肉での圧迫などがよく言われる坐骨神経痛の原因です。

しかし、そのいずれも神経の圧迫が痛みの原因という古い考えに寄ったもので坐骨神経痛の根本的な原因を言い当てているとは言えず、その神経圧迫理論に沿った治療(骨盤矯正や単なるマッサージ、牽引、手術)は効果を発揮していません。

坐骨神経痛の原因

では、いわゆる坐骨神経痛の本当の原因はいったいなんなのでしょうか?
坐骨神経に沿った筋肉・筋膜のこわばりや短縮が原因と言われています。
事実、神経の圧迫は痛みを生じさせないということが最新の痛みの生理学によって明らかになっていますし、神経自体の生理機能から考えても神経圧迫による痛みは矛盾が多く医学界でも否定されています。

そこで、筋肉のこわばりや短縮が原因となっているのですがそのそもの症候名が「坐骨神経痛」となっているため神経そのものが悪さをしている先入観が今でも残っているようです。

坐骨神経痛を引き起こす筋肉

その坐骨神経痛を引き起こす筋肉とはどの筋肉なのでしょうか。
原因となる筋肉は実は一つではありません。

代表的なものとしては中臀筋、小臀筋といったお尻(股関節)の外側の深いところにある筋肉や太ももの裏の筋肉(ハムストリングス)などが主な原因となっている筋肉です。

これらの筋肉は動きが少なく意識して引き伸ばしたり(ストレッチ)、運動をしないと筋肉の運動によるポンプ作用があまり働かす血流が滞りがちになります。太もも裏の筋肉はデスクワークなどで圧迫されていることが多く十分な血流が行き渡らないと痛みやだるさを起こします。

なぜ筋肉に負担がかかるのか?

背骨の歪みや骨盤の歪みから筋肉に負担がかかってしまうことがほとんどです。筋肉に負担がかかると、筋肉にこわばりが短縮が起きてしまい、座骨神経に沿って痛みが出るようになってしまいます。

美翔接骨院では坐骨神経痛の原因である筋肉と背骨・骨盤に施術を行い、根本回復を目指しています。

坐骨神経痛の施術

トリガーポイント整体 × 骨格矯正

ぎっくり腰の検査

坐骨神経痛を引き起こす筋肉を深部まで手でしっかりと施術していきます。
トリガーポイントと呼ばれる筋肉の深い所にあるしこりを取り去り、痛みを芯から取り去ります。
さらに骨盤や背骨の歪みを矯正することで、筋肉に負担がかからないようにしていきます。

ハイボルト

ぎっくり腰の検査

痛みが強いときはハイボルトで施術していきます。
坐骨神経痛の原因となっている筋肉に対して、150Vの電気刺激を体の奥深い部分にピンポイントでアプローチすることができます。
非常に高い鎮痛効果と即効性が期待できます。