①交通事故にあってしまったら

郡山のみなさん、こんにちは。

福島県郡山市の交通事故専門治療院、美翔接骨院の川上です。

最近周りで交通事故が多いので、今日は交通事故についてお話します。

交通事故はある日突然やってきます。
統計によると、50秒に1件、全国のどこかで交通事故が起きています。
誰もが交通事故の危険とは背中合わせで、決して他人事ではありません。

では、交通事故に遭った時にどうしたらいいでしょうか?車は?身体は?

交通事故直後の流れ

もし交通事故に遭ったら…

①事故現場の保全

すぐに運転を停止し、加害者・被害者を問わず、負傷者がいた場合はすみやかに救護してください。
二次災害防止のためにも、負傷者が軽症の場合は安全な場所に避難してもらい、重症の場合は動かさず救急車の到着を待ちましょう。

②警察に連絡

どんな些細な事故でも必ず警察に連絡しましょう。
保険金の請求手続きを行うには「交通事故証明書」が必要になります。
どんな些細な事故でも必ず警察に連絡しましょう。
保険金の請求手続きを行うには「交通事故証明書」が必要になります。
※連絡した警察署と担当者の名前はメモしておきましょう。

③相手(加害者)の情報を収集

加害者の氏名・住所・自宅と携帯の電話番号・自動車の登録ナンバーをしっかりと確認しましょう。
可能であれば、携帯で免許証と車検証の写真をとっておいてください。
たとえ相手が誠実そうに見えても、時間の経過と共に、話の内容が変わることはよくあることです。
同時に、可能であれば事故状況の記録を撮りましょう。
なぜなら、後日争いになった際の証拠となります。

記憶はどんどん曖昧になって行くので必ず事故現場の痕跡、ブレーキ痕、加害車両、破損した部品、被害車両等の写真を撮っておきましょう。

できれば目撃者の名前と連絡先は聞いておきましょう。

④保険会社に連絡

自分の加入している自動車保険会社や代理店に交通事故にあってしまった事を連絡して下さい。

⑤病院で検査

交通事故に遭ったら症状がなくても必ず病院で診てもらうことです。
交通事故によるケガやムチウチは数日たってから急に症状が出たりすることもあります。
特に首の場合、事故後数日後から重さ、だるさが出始め、2週間後くらいに痛みがピークになることも少なくありません。
しかし、事故直後にほったらかしにしておいて、2週間後に「首が痛いんですけど…」と病院に行っても、事故との関連性が不明確で交通事故扱いとして認められないケースもあります。

そのうえで、もし専門的な交通事故の治療を受けたいのであれば、「美翔接骨院」にご連絡下さい。
治療費は一切かからず、最新の交通事故専門治療が受けられます。

繰り返しますが、交通事故の治療は最初が肝心です。

決して今、辛くないからといって見くびらず、受診してください。

美翔接骨院
〒963-8041
福島県郡山市富田町字上田向6-2
TEL:024-954-5674
※予約制、ご予約はお電話で!

 

2017年11月22日